裁判

刑事事件もしっかり解決【弁護士先生に頼れば百人力】

手続きなどを任せる

弁護士

相続財産が借金ばかりの時は

悲しいことですが人はいずれ亡くなってしまいます。そしてその時相続が発生します。悲しみにくれる中、相続のことまで頭が回らない方も多いでしょう。しかし実は3ヶ月以内にしなければならないことがあるということはご存知でしょうか。3ヶ月以内にある手続きをしておかなければ、多額の借金を抱えてしまうことにもなりかねません。ではその3ヶ月以内にしなければならない手続きとは一体何でしょうか。相続というものは必ず財産を引き継がなければならないというものではありません。亡くなった方が多額の借金をしていた場合、引き継がないとすることもできます。その財産を引き継がないと宣言することを相続放棄といいます。ただし、この相続放棄をするためには手続きが必要になってきます。

手続きと期間に注意しましょう

放棄するためには、何もいらないと言えばいいだけではありません。成立させるためには家庭裁判所にその旨を受理してもらう必要があります。そしてこの家庭裁判所に申し出を届ける期間は、相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内と決められています。知った時というのは、自分が相続人になったことが分かった時点をいいます。ただし、相続財産を調査するためには3ヶ月以上かかってしまうこともあります。そのような場合には、家庭裁判所に請求することにより期間を延長してもらうこともできます。3ヶ月を過ぎると放棄はできなくなり、すべての財産を引き継がなくてはなりませんので注意が必要です。尚、放棄の申し出をする前または放棄後であっても財産を処分したり隠蔽したりした場合には、放棄は無効となりますのでご注意ください。また、相続関係で親族同士でのいざこざを起こして刑事事件などに発展してしまうケースも少なくないので、分からないことは弁護士に相談するのが最適です。

気になる相続税問題

スーツ

相続税が課されることになる場合、多くの方が利用する優遇制度があります。それは、小規模宅地等の特例制度です。この制度には、適用要件と申告要件とがあります。適用要件については複雑な面もあるのでプロに頼りましょう。

» 詳しく見る

知っておきたい相続問題

弁護士

誰でも人生のうちに一度か二度は直面することになる法律問題が相続に関する問題です。何らかの事情があって天涯孤独という人もたまにいますが、ほとんどの人に親がいます。親が亡くなった際に発生する相続について知っておきましょう。

» 詳しく見る

専門家に依頼する

men

浮気がバレてしまった時に反省して浮気相手とはすぐに別れてくれる配偶者がいる一方で、開き直った挙句に家を飛び出し、浮気相手のところへ行ってしまうような配偶者もいます。最近では、弁護士などを頼って問題を解決する方も増えています。

» 詳しく見る