裁判

刑事事件もしっかり解決【弁護士先生に頼れば百人力】

気になる相続税問題

スーツ

要件は厳しいものではありません

相続税は様々な手続きがありますが、親族が取得し、故人と同じように使うというこれだけです。事業をしていたのであれば、その事業を続けるだけです。住んでいたのであれば、そのまま住み続けるだけで適用を受けられます。申告要件についてもそこまで複雑ではありません。申告書に、この制度の適用を受けたいと記載し、一定の書類を添付するだけです。添付書類は、この制度による減額金額の計算に関する明細書や、遺産分割協議書の写し等となっています。相続税に関する手続きは、弁護士などの専門家に相談することでスムーズに完了できます。

なぜ多くの方が利用するのか

この制度が多くの方に利用される理由は、相続税の節税効果の大きさです。最大で土地の評価額の80%を減額することが可能となっています。遺産の中でも、土地は最も評価額が大きくなる財産です。その節税効果はとても大きいものとなります。加えて適用のしやすさも魅力の一つです。先述したように、適用要件のハードルは高くありません。また、住宅用の土地を配偶者が取得した場合、取得だけで適用を受けることが可能となっています。住まなくても、売却しても適用を受けられるため、さらにハードルが下がります。加えて、放棄者でも適用を受けることができます。親族であることを要件としており、相続人であることまでは求めていないためです。相続税を課される者であれば、まず間違いなく利用することになる制度であると覚えておきましょう。