裁判

刑事事件もしっかり解決【弁護士先生に頼れば百人力】

専門家に依頼する

men

泣き寝入りを避ける方法について

よくあるのが、浮気した夫が浮気相手の女性と再婚するために、離婚届にサインしない限り生活費を1円も渡さないと脅してくるケースです。まだ小さなお子さんを抱えているような場合ですと、簡単に働き口を見つけることができませんから、それこそあっという間に生活が困窮してしまう可能性があります。仙台にお住まいの方がそのような状況に追い詰められて困っているのであれば、仙台市内の弁護士の離婚相談サービスを利用してみることをおすすめします。たとえ別居中でも、夫には妻や子を扶養する義務がありますので、生活費の支払いを求めることができます。そもそも夫婦には同居義務がありますので、その違反を理由として妻の方から離婚を求めることも可能です。仙台市内には離婚問題に詳しい弁護士が大勢いますから、すぐに相談してみることをおすすめします。

インターネットで弁護士探しをする人が多くなってきました

一昔前までは、紹介者がいない人の相談にはのらないという対応を取る弁護士がほとんどでした。弁護士は依頼者の代理人として活動することになりますので、信頼関係をとても重視します。紹介者がいれば一応の信頼性が担保されると考えられているのですが、頼めそうな弁護士や紹介者の心当たりが1人もない人の場合は、困ってしまいます。しかし、司法試験制度が改革された影響で弁護士の資格保持者が増加し、弁護士が余ってしまう事態が発生しました。もちろん地方には弁護士不足で困っている所がたくさんありますが、大都市を中心にして、仕事にありつけない弁護士が多くなってきています。仙台でも弁護士が余り気味になっていますので、紹介者を求めるような弁護士がほとんどいなくなっています。最近は、インターネット上で活発な宣伝活動を展開する弁護士が多くなってきたため、インターネットを使って弁護士探しをする人が増えてきました。